NEWS

台風19号 大雨・暴風に警戒すべき各地の時間帯(19/10/12)

台風19号 大雨・暴風に警戒すべき各地の時間帯(19/10/12)

台風19号は現在、八丈島の西南西約220キロの海上を北に進んでいます。この後、非常に強い勢力を維持したまま12日夕方から夜にかけて静岡県か関東地方に上陸する見込みです。そして、夜遅い時間帯に関東を通過していく予想です。今回の台風は暴風域が広く、大荒れの時間帯が長いのが特徴です。各地の大雨や暴風に警戒が必要な時間帯です。東海や関東甲信では最大瞬間風速60メートルが予想されています。近畿は夜にかけて、そして東海や関東甲信は13日未明から明け方にかけて雨風が強い状態が続く恐れがあります。そして、12日夜は高潮にも警戒が必要です。また、13日昼ごろまで北陸や北日本で荒れた天気が続く見込みです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい