NEWS

水は引いたが一面の散乱物 農作物被害の心配も(19/10/13)

水は引いたが一面の散乱物 農作物被害の心配も(19/10/13)

各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。千曲川の堤防が決壊して広い範囲で浸水被害を受けた長野市から報告です。

 (萩原早紀子アナウンサー報告)
 普段は生活道路として使われている道も1時間ほどで随分、水かさが減ったように感じます。先ほどは路面が見えないほど水に満たされていました。また、水路も縁を超えるかどうかぐらい水があふれている状態でした。ただ、いくら水が引いたからといってもこの先、辺り一面が池のようになっています。普段は田んぼが広がっている場所です。
 さらに、水が引いた後の道路の状況を見てみると、一面がわらで覆われています。さらにはシートのようなものやプラスチックのケースも水によって運び込まれたものだと思われます。さらに、まもなく収穫時期を迎えるリンゴの実も多数、落ちてしまっている状態です。近所の人に話を聞いたところ、「70年近く住んでいるが、こういったことは初めての経験だ」と話していました。
 また、日中に消防や自衛隊によるヘリコプターによる救助活動が行われていました。13日時点で57人が救助されましたが、まだ多数、救助を求めている人がいるとみられています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね