NEWS

冠水住宅から心肺停止の男性 福島・阿武隈川が氾濫(19/10/14)

冠水住宅から心肺停止の男性 福島・阿武隈川が氾濫(19/10/14)

福島県郡山市では阿武隈川が氾濫し、冠水した共同住宅から心肺停止の男性が見つかりました。

 (安藤桂子アナウンサー報告)
 阿武隈川のすぐ東側、川の堤防よりも低い場所に位置する郡山市水門町です。阿武隈川が氾濫してから丸1日以上経っていますが、まだ水が残っている所があります。深い所では大人のひざ辺りまで水が残っています。郡山市では14日午前6時から消防と自衛隊による救助活動が続いています。そして、救助活動のなかで、水門町で水が引いてきた朝になってから共同住宅の玄関付近で60代から70代とみられる男性が心肺停止の状態で見つかったということです。救助活動は、13日は持病がある人などを優先的に行われていました。そして、14日は一軒一軒に声を掛けながら取り残された人たちを救助しています。福島県によりますと、これまでに福島県内では7人が死亡、3人が今も行方不明になっています。水が引いてきた所では家の片付けをする人の姿も見られるようになってきましたが、すでに雨が降っている所もあり、この後も川の増水などに警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!