NEWS

千曲川決壊 2階浸水も・・・復旧手つかず避難長期化か(19/10/14)

千曲川決壊 2階浸水も・・・復旧手つかず避難長期化か(19/10/14)

記録的な大雨で千曲川の堤防が決壊した長野市では、浸水によって大きな被害が出ています。

 (萩原早紀子アナウンサー報告)
 大きく堤防道路が決壊しています。数台の重機を使って復旧作業が続けられています。そして、上空にはヘリが数台飛んでいて、救助作業が行われているとみられます。現在の千曲川はやや茶色く濁ってはいますが、それほど急な流れには見えません。川の水が辺り一帯に広がるリンゴ畑などをのみ込み、茶色く水が濁って泥がたまってしまっている状態です。そして、その川が堤防道路を乗り越え、民家の方へと流れていきました。この水によって住宅の2階部分まで浸水した家もあり、屋根が壊れてしまっている家もあります。この地域に住む人は大部分の人が避難所に身を寄せています。水がまだ引いていないため、復旧のめどが立っていません。この後も避難生活が長期化しそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた