NEWS

栃木・佐野の秋山川 夜を徹しての決壊現場復旧作業(19/10/13)

栃木・佐野の秋山川 夜を徹しての決壊現場復旧作業(19/10/13)

各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。秋山川の堤防が決壊して住宅地が浸水し、修復作業が急ピッチで進められている栃木県佐野市から報告です。

 (斎藤康貴アナウンサー報告)
 堤防が決壊したのは12日午後9時ごろです。もうまもなく一日が経とうとしています。町全体の水はだいぶ引きましたが、残っている箇所もあります。車のタイヤ部分が水に埋まっていて、まだ人のひざからももくらいの高さまで水位があります。規則正しく並んでいた車は濁流によって流されました。至る所に残っている泥が住宅の1階部分に入り込み、皆さんは「撤去するのが大変だ」と話します。
 堤防が決壊した箇所からまだ水はあふれ続けていますが、勢いは弱まりました。今は3台の重機が入っていて、土嚢(どのう)を一つひとつ置いています。これを置いたうえでブロックを置き、川の流れをせき止めるものとみられます。
 作業員に話を聞くと、恐らく夜通しの作業になるということです。佐野市周辺では6カ所に避難所が設置されていて、今現在も192人の人が避難を続けているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね