NEWS

大津祭本祭 「コンチキチン」と音色響く

大津祭本祭 「コンチキチン」と音色響く

江戸時代から約400年続く大津祭の本祭が10月13日、大津市の旧市街地であった。色鮮やかな幕に彩られた曳山が巡行し、街には「コンチキチン」と笛や太鼓の音色が響いた。今年は台風19号の影響で宵宮が中止されたが、雨が上がったこの日午前、同市京町3丁目の天孫神社前に曳山13基が勢ぞろい。幕が復元新調された孔明祈水山(中堀町)と石橋山(湊町)が目を引き、郭巨山(下小唐崎町・後在家町)も3年がかりでからくり人形が修理された。

YouTubeで表示する

チャンネル:朝日新聞社

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた