NEWS

名大病院で検査結果を放置 がん進行し50代女性死亡(19/10/15)

名大病院で検査結果を放置 がん進行し50代女性死亡(19/10/15)

医師に検査結果を放置された女性が、がんで死亡しました。

 名古屋大学医学部附属病院によりますと、2014年5月、50代の女性の検査で放射線科の医師が「肺にしこりを確認したため、再検査を勧める」とする診断リポートを出しましたが、担当した医師らがこれを放置しました。女性が1年後に改めて検査を受けたところ、肺がんがステージ3まで進行していて、治療を行いましたが、去年5月に死亡しました。この病院では同様の事例がここ数年でこれまでに3件発生しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか