NEWS

金委員長が白馬で“革命の聖地” 重要な節目に訪問(19/10/16)

金委員長が白馬で“革命の聖地” 重要な節目に訪問(19/10/16)

北朝鮮の金正恩委員長が「革命の聖地」とされる中朝国境の白頭(ペクトゥ)山を訪れたと北朝鮮メディアが報じました。

 16日付の労働新聞は金委員長が「白馬に乗って霊峰に立った」と報じ、山を背景に馬にまたがる金委員長の写真を大々的に掲載しています。白頭山は北朝鮮で革命の聖地として神聖視されていて、金委員長も過去に核実験の後や南北首脳会談の際など、重要な節目で訪れています。また、金委員長は近くの三池淵(サムジヨン)地区のインフラ建設現場を視察し、「敵がいくら執拗(しつよう)にあがいても我々は立派に生きられる」などと述べたということです。アメリカとの非核化交渉が行き詰まるなか、金委員長の権威を高めることで内部の引き締めを図る狙いがあるとみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう