NEWS

五輪自転車コースで被害 紅葉前の高尾山でも・・・(19/10/17)

五輪自転車コースで被害 紅葉前の高尾山でも・・・(19/10/17)

台風19号の被害は東京オリンピックのコースにも及んでいました。自転車競技のロードレースのコースになっている神奈川県の国道で大きな被害が出ていたことが分かりました。

 死者76人、行方不明者12人。台風19号は日本各地に大きな爪痕を残しました。警察官約100人がスコップを使い手作業で土を掘り起こし、捜索活動は困難を極めています。
 神奈川県相模原市を通る国道413号。山から流れ出た土砂にのみ込まれました。この国道を使って来年の東京オリンピック、自転車競技が行われます。コースは東京・調布市から静岡県小山町までの道のりです。そのなかの相模原市緑区で約5.3キロにわたり数十カ所で土砂崩れが起き、道路が崩落しているということです。相模原市によりますと、いまだ被害の全容が分からず、復旧のめどは立っていないということです。
 いまだ広い範囲で断水が続く福島県相馬市では、地元旅館が温泉を無料開放しました。広範囲に土砂や濁流が押し寄せたことで農家への被害も甚大です。東京卸売市場全体ではキャベツや大根などの価格が高騰し、来週以降、さらに上がっていくとみられています。一方、都内の観光地でも被害が出ています。
 12日の24時間総雨量は約400ミリと観測史上最大の記録的大雨になった東京・八王子市。高尾山のハイキングコースでは大量の水が流れ出ていました。さらに土砂崩れも複数発生。地割れも起きていました。現在、ケーブルカーやリフトは動いていますが、ハイキングコースの一部ルートは今も通行止めが続いています。通常ならば観光客でにぎわう山頂駅付近は地割れで地面の一部が崩落してしまいました。転落防止の柵もなくなっています。
 店の人:「金曜日からほどんどお休みをしていたので、あの台風だったからほとんど(店を)開けてないです」
 こう話すのは山頂にある売店の女性です。これから紅葉シーズンを迎え観光客が増える時期ですが、心配は尽きません。現在、通行止めとなっているのは1号路の一部と6号路です。1号路は店に食材などを運ぶ道になっているため、この状態が続けば影響が大きいのです。復旧はいつになるのでしょうか。東京都によりますと、まだ、めどは立っていないといいます。ただ、1号路に関しては週末と22日の祝日3日間だけ観光客などのために倒木などを道路脇に寄せて一時的に通れるようにするとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう