NEWS

“置く所がない”災害ごみ処分のめど立たず 長野市(19/10/21)

“置く所がない”災害ごみ処分のめど立たず 長野市(19/10/21)

千曲川の堤防が決壊し、浸水被害があった長野市では災害ごみの置き場が不足し、処分のめどが立たない状況になっています。

 長野市赤沼地区にある災害ごみの仮置き場には21日朝から続々と住民が訪れ、ごみを出していました。この仮置き場は地域の住民が独自に設けたもので、市が指定している場所は別に3カ所あります。いずれも21日現在、排出作業がされておらず、満杯に近付いています。市は特にごみの多い赤沼地区の仮置き場のみ、19日から自衛隊にごみの排出を要請しています。近く県内外の廃棄物処理業者にも委託する方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか