NEWS

記者が見た儀式「見たことがない陛下の真剣な表情」(19/10/22)

記者が見た儀式「見たことがない陛下の真剣な表情」(19/10/22)

日本中が平和な時代になることを祈る、そして祝賀なムードに包まれた一日です。天皇陛下が国内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」。宮内庁担当・大山智由貴記者の解説です。

 平成と令和では両陛下が「松の間」に入られるまでのルートが違いました。前回、上皇ご夫妻が松の間に入る際は正殿の回廊をぐるっと回り、東側から入室されました。これは正殿の東に面する「中庭」に参列者用の仮設ステージが設置されていたためで、参列者に天皇皇后両陛下のお姿を見てもらおうと、このようなルートだったということです。
 ただ、今回は10月に開催ということで、台風などの懸念から仮設ステージを設置しませんでした。そこでルートが変更されましたが、22日に両陛下が通られたルートは、正殿に入られた両陛下は西側から松の間に入り、裏から高御座(たかみくら)と御帳台(みちょうだい)に登られたということです。なので、御帳が開くまで両陛下のお姿が見えませんでしたが、実は今回の形が皇室の伝統に準じた形式だということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな