NEWS

“即位の儀”天皇陛下「世界の平和」強調された意味(19/10/22)

“即位の儀”天皇陛下「世界の平和」強調された意味(19/10/22)

天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」が執り行われ、世界各国から来賓が参列したなかで天皇陛下がお言葉を述べられました。

 天皇陛下:「先に日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承致しました。ここに『即位礼正殿の儀』を行い、即位を内外に宣明致します」
 22日、天皇陛下が国内外に即位を宣言されました。午前9時ごろ、「帛御袍(はくのごほう)」という白い装束の姿で天照大神を祭る賢所などを参拝。その後、皇后さまも「帛御服(はくのごふく)」と呼ばれる15キロほどとみられる「十二単(ひとえ)」を身に着けて参拝されました。
 午後1時からの即位礼正殿の儀を前に、海外からも次々と要人が到着しました。韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相。ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問。イギリスのチャールズ皇太子など海外からは約400人、合わせて2000人程が参列しました。朝から雨が降り続いて強い風も吹いていたため、即位礼正殿の儀は雨の時に儀式を簡略化する「雨儀(うぎ)」で執り行われました。そして、天皇陛下は「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」と呼ばれる装束で玉座「高御座(たかみくら)」から即位を宣言するお言葉を述べられました。
 天皇陛下:「上皇陛下が30年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽をともにされながら、その御心(みこころ)をご自身のお姿でお示しになってきたことに改めて深く思いを致し、ここに国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての務めを果たすことを誓います」
 「国民に寄り添いながら」と述べられた天皇陛下。その後、安倍総理大臣が即位を祝う言葉を述べました。
 安倍総理大臣:「御即位を祝し、天皇陛下、万歳!万歳!万歳!」
 即位の礼を祝い、日本列島は祝賀ムードに包まれました。
 滋賀県の彦根城では人気ゆるキャラ「ひこにゃん」が初めて国旗を持って登場。皇室の祖とされる「天照大神」を祭る三重県の伊勢神宮では大宮司と神職らが国家と国民の繁栄を祈る「即位礼当日祭」が行われました。天皇皇后両陛下は来月22日と23日に伊勢神宮を参拝する予定です。
 即位の礼を祝い、全国の観光施設では無料公開も行われました。日本だけでなく、世界が見守った陛下のお言葉。最後はこのように結ばれました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね