NEWS

「世界初」窒化ガリウム使った省エネ電気自動車を開発

「世界初」窒化ガリウム使った省エネ電気自動車を開発

2014年ノーベル物理学賞を受賞した天野浩・名古屋大教授らのグループが、窒化ガリウム(GaN)を利用し、通常より2割以上省エネの電気自動車を走らせることができたと発表した。名付けて「ALL(オール) GaN(ガン) ビークル」。10月24日から始まる第46回東京モーターショー2019でお披露目される。電気自動車では、バッテリーの直流電流を「インバーター」という装置で交流電流に変えてモーターを動かす。インバーターの材料に通常のシリコンではなくGaNを使うことで省エネを実現し、これまでの電気自動車に比べて二酸化炭素の排出を大幅に減らせるという。

YouTubeで表示する

チャンネル:朝日新聞社

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!