NEWS

唾液によるPCR検査開始

唾液によるPCR検査開始

加藤厚生労働大臣はきょう新型コロナウイルスのPCR検査で検体として唾液を使う事を認めたと発表しました。
医療従事者の負担が大きく改善されることが期待されます。
新型コロナウイルスのPCR検査について厚生労働省は、従来の鼻の奥の粘液を使う方法の代わりに唾液を使う方法を検証していましたが発症から9日以内であれば結果に大きな差はないとしてきょうから唾液での検査を認める事にしました。
これまでの検査では鼻の奥に綿棒を入れる時にくしゃみなどが出る事が多いため、検査をする医療従事者に感染するリスクが高くなっていました。
唾液を使って検査をする場合患者が自分で唾液をとる事ができるため医療機関の負担が減ります。
また、これまでは対応が難しかった規模が小さい診療所などでも検査を受け入れやすくなります。

YouTubeで表示する

チャンネル:テレ東NEWS

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか