NEWS

「ワクチン世界サミット」 中国が存在感をアピール(20/06/05)

「ワクチン世界サミット」 中国が存在感をアピール(20/06/05)

新型コロナウイルスなどの感染症について話し合う「ワクチン世界サミット」が開かれ、アメリカと対立する中国が存在感をアピールしました。

 ワクチン世界サミットは4日にイギリス政府の主催で開かれ、50カ国以上の首脳らがオンラインで参加しました。新型コロナウイルスのワクチン開発などについて、国際的な協力を深める狙いがあります。新型コロナウイルスへの対応を巡って米中の対立が深刻化するなか、アメリカのトランプ大統領は30秒ほどの短いビデオメッセージを寄せました。一方で、中国の李克強首相は約3分半にわたるメッセージを発信しました。WHO(世界保健機関)の支援や発展途上国の感染症対策に取り組む姿勢を示し、この分野における中国の存在感を強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね