NEWS

藤井七段 最年少でタイトル挑戦へ 31年ぶりに記録更新

藤井七段 最年少でタイトル挑戦へ 31年ぶりに記録更新

高校生プロ棋士の藤井聡太七段(17)が、4日に行われた棋聖戦の挑戦者決定戦に勝利し、タイトル戦挑戦の史上最年少記録を31年ぶりに更新した。

東京・渋谷区の将棋会館で行われた棋聖戦の挑戦者決定戦で、藤井七段は、格上の永瀬拓矢二冠(27)と対戦した。

一時、劣勢にも見えた藤井七段だったが、粘り強く反撃を試み、終盤、形勢を逆転させた。

この勝利で、藤井七段は、史上最年少でのタイトル戦挑戦の記録を31年ぶりに更新した。

藤井七段「まだ挑戦するという実感が湧かないが、第1局がすぐにあるので、しっかり気持ちを入れ替えたい。2カ月対局が空いた分、自分の将棋としっかり向き合うことができた。タイトル戦というと、1つの最高の舞台という印象」

一方、藤井七段の地元では、勝利が決まるとくす玉が割られ、商店街の関係者らが喜びをかみしめていた。

藤井七段の地元では、「コロナで心がふさいで落ち込んでいた中で、いいニュース。最高ですね!」との声が聞かれた。

渡辺明三冠に挑む棋聖戦五番勝負は、6月8日から始まる予定。

(2020/06/05)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

YouTubeで表示する

チャンネル:FNNプライムオンライン

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな