NEWS

3万体のひな人形 「かつうらビッグひな祭り」始まる 千葉・勝浦

3万体のひな人形 「かつうらビッグひな祭り」始まる 千葉・勝浦

房総に春を告げる、千葉県勝浦市の「かつうらビッグひな祭り」が2月22日始まった。市芸術文化交流センター「キュステ」など市内の各所に計3万体のひな人形が飾られた。3月3日まで。
 市内中心部にある遠見岬神社では60段の石段に、約1800体のひな人形が飾られた。午前9時15分から、成功祈願祭があり、巫女さんによる豊栄舞が披露された。
 このほかキュステ内(ここのみ高校生以上300円)には、高さが約1メートルある日本最大級の享保雛(びな)など約8千体を展示。国道128号の墨名交差点に800体、市内中心部の覚翁(かくおう)寺山門前に600体などのほか、市内の商店街や勝浦海中公園などの観光地にもひな人形が並んだ。
 徳島県勝浦町から、2001年に7千体の人形を譲り受けて始まった

YouTubeで表示する

チャンネル:朝日新聞社

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう