NEWS

駅弁「かにめし」最終便 JR北海道 車内販売終了

駅弁「かにめし」最終便 JR北海道 車内販売終了

長万部駅の名物「かにめし」が、駅弁としての約70年の歴史に幕を閉じた。最後の積み込みには、通常の4倍の20個以上の予約が相次いだ。駅ホームから社長とスタッフが「最終列車」を見送った。JR北海道が函館―札幌間の特急列車「スーパー北斗」で唯一続けてきた車内販売を終了したため。沿線の長万部駅と大沼公園駅から、できたての味を届けてきた販売元や地元の関係者からは、「駅の顔」を失うことに惜しむ声が相次いだ。

YouTubeで表示する

チャンネル:北海道新聞 動画ニュース

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね