NEWS

300万本色鮮やか 砺波、チューリップフェア開幕

300万本色鮮やか 砺波、チューリップフェア開幕

色とりどりの300万本のチューリップを楽しめる「2019となみチューリップフェア」(読売新聞北陸支社など後援)が22日、富山県砺波市の砺波チューリップ公園などで開幕した。黄色のチューリップ約1700本を使った高さ約5メートルのチューリップツリーなどが見どころだ。同市は全国有数のチューリップ産地で、フェアでは約300品種を観賞できる。約21万本のチューリップで大花壇に描かれた地上絵は「魔法」がテーマで、きらめく虹や花がデザインされている。大花壇は約3割が開花しており、今月末頃に見頃を迎えるという。5月5日までの期間中、約30万人の人出が見込まれている=高岡支局 細野登撮影 2019年4月23日公開

番組、CM、イベントで動画を利用する場合はこちらから →https://www.yomiuri.co.jp/policy/application/video

YouTubeで表示する

チャンネル:読売新聞オンライン動画

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか