NEWS

海面にわずかな岩場確認 エサンベ鼻北小島<ドローン空撮>

海面にわずかな岩場確認 エサンベ鼻北小島<ドローン空撮>

第1管区海上保安本部は4月24日、消失した可能性のある宗谷管内猿払村沖の「エサンベ鼻北小島」付近で5月20~24日に測量などの調査を行うと発表した。北海道新聞社は23日、ドローンで同島とみられる長さ数十メートルの岩場を撮影。海面から出ていた場所も数カ所あった。国連海洋法条約では、同島は北海道から12カイリ以内に位置するため、低潮時に水没しなければ領海の範囲を決める基点となる。島が消滅していた場合、日本の領海が狭まる可能性がある。昨年10月、島が確認できないという情報が1管本部に寄せられていた。

YouTubeで表示する

チャンネル:北海道新聞 動画ニュース

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか