NEWS

「退位礼当日賢所大前の儀」に臨まれた天皇陛下

「退位礼当日賢所大前の儀」に臨まれた天皇陛下

天皇陛下は30日午前、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる皇居・宮中三殿の賢所(かしこどころ)で、同日午後に「退位礼正殿の儀」の実施を告げる「退位礼当日賢所大前の儀」に臨まれた。午後5時から皇居・宮殿「松の間」で行われる退位礼正殿の儀で、在位中最後のお言葉を述べられ、同日をもって譲位する。

 陛下は午前10時過ぎ、天皇のみが着ることが許される祭儀の正装「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み、三殿中央の賢所の回廊に姿を見せられた。笏(しゃく)を手に御簾(みす)の中に入って拝礼し、退位礼正殿の儀を実施する趣旨の「御告文(おつげぶみ)」を日本古来の大和言葉(やまとことば)で読み上げられた。

 続いて陛下は歴代天皇や皇族をまつる「皇霊殿」、八百万(やおよろず)の神をまつる「神殿」でも同様の趣旨を告げられた。

 この後、皇太子さまが賢所、皇霊殿、神殿をそれぞれご拝礼。秋篠宮さまをはじめとする皇族方も拝礼された。皇后さまは持病の頸椎(けいつい)症性神経根症により、髪形や装束が首に負担となるため、お住まいの皇居・御所で遙拝(ようはい)された。長期療養中の皇太子妃雅子さまも出席を見送られた。

YouTubeで表示する

チャンネル:SankeiNews

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう