NEWS

日韓問題について会見する河野外相

日韓問題について会見する河野外相

河野太郎外相は4日、韓国の康京和外相と電話で会談した。新日鉄住金に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決をめぐり原告側が同社資産の差し押さえを申し立てたことについて、河野氏は「深刻に捉えているので、韓国側でしっかりと対応してほしい」として、事態打開へ韓国政府の努力を求めた。
 会談は康氏が呼び掛け、「李洛淵首相の下で対応策を検討している」と重ねて説明。河野氏は「日本企業に不当な不利益が生じれば、日本政府として対応を取らざるを得なくなる」と伝えた。
 この後、河野氏は外務省で記者団の取材に応じ、徴用工問題に関して「当分、状況を静観したい」と述べた一方、「必要ならば国際法に基づく毅然(きぜん)とした措置を取らなければならないので、準備だけはしておきたい」とも語った。【時事通信映像センター】

映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:時事通信映像センター

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね