NEWS

斎田点定の儀=大嘗祭の新穀、亀卜(きぼく)で栃木と京都に

斎田点定の儀=大嘗祭の新穀、亀卜(きぼく)で栃木と京都に

11月の大嘗祭で使う新穀を作る「斎田(さいでん)」の都道府県を決める「斎田点定(てんてい)の儀」が13日午前、皇居・宮中三殿の神殿と神殿前庭で行われた。亀甲を使った「亀卜(きぼく)」と呼ばれる古代からの占いで、東日本の「悠紀(ゆき)地方」から栃木県、西日本の「主基(すき)地方」から京都府がそれぞれ選ばれた。宮内庁提供。【時事通信映像センター】

YouTubeで表示する

チャンネル:時事通信映像センター

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!