NEWS

佳子さま初のご臨席 産経児童出版文化賞

佳子さま初のご臨席 産経児童出版文化賞

第66回産経児童出版文化賞(産経新聞社主催、フジテレビジョン、ニッポン放送後援、JR7社協賛)の贈賞式が3日、秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまをお迎えし、東京・元赤坂の明治記念館で行われた。同賞は昨年まで秋篠宮妃紀子さまをお迎えしており、佳子さまのご臨席は初めて。

 大賞の「それでも『ふるさと』」(農文協)は、東日本大震災での原発事故で一時全村避難となった福島県飯舘村の農家や酪農家に、フォトジャーナリストが寄り添った写真絵本。著者の豊田直巳さん(63)は「この受賞で、放射能には負けても人生には負けないという前向きな気持ちでカメラの前に立ってくれた人たちがいたことが認められれば、非常にうれしい」と述べた。

 式の冒頭では、産経新聞社の飯塚浩彦社長が「今後とも子供たちの健やかな育成のために、微力ながら役に立ちたい」とあいさつ。続いて佳子さまが「素晴らしい本に出会うことは、豊かな想像力を育み、大切な心の宝物になると思います」とお言葉を述べられ、各賞が贈呈された。

 産経児童出版文化賞は昭和29年に創設。今年は4432点から、大賞など8作品が選ばれた。

YouTubeで表示する

チャンネル:SankeiNews

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか