NEWS

ピエール瀧被告に懲役1年6カ月求刑 初公判で検察側(19/06/05)

ピエール瀧被告に懲役1年6カ月求刑 初公判で検察側(19/06/05)

コカインを使用した罪に問われている元ミュージシャンのピエール瀧被告(52)の初公判があり、「間違いありません」と起訴内容を認めました。東京地裁前から報告です。 (社会部・古賀康之記者報告) 瀧被告は法廷に入ると、弁護士と傍聴席に向かってそれぞれ一礼しました。裁判中は終始、落ち着いた様子で臨んでいました。ピエール瀧こと瀧正則被告は今年3月、都内のマンションの一室でコカインを使用した麻薬取締法違反の罪に問われています。5日の初公判で瀧被告は起訴内容を認めました。検察側は冒頭陳述で「ミュージシャンなどの活動のストレスを発散させるために20代のころからコカインを使用していた」と指摘しました。そのうえで、瀧被告に懲役1年6カ月を求刑しました。一方、瀧被告は被告人質問で「ミュージシャンの活動の他に役者の仕事など多様な仕事をこなすなかで、精神的な部分で圧迫があり、コカインに手を出した」と述べました。そのうえで、現在、治療のために通院していることを明かしました。裁判は先ほど終わりました。瀧被告は最後に「これから先、薬物に手を出さないことを誓います」とはっきりとした声を出して法廷を後にしました。判決は18日に言い渡される予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか