NEWS

ミサイル配備巡る地元説明に誤り 防衛大臣が謝罪(19/06/06)

ミサイル配備巡る地元説明に誤り 防衛大臣が謝罪(19/06/06)

岩屋防衛大臣は地上型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の秋田県への配備を巡り、防衛省が地元に説明した調査結果に誤りがあったことについて国会で謝罪しました。 岩屋防衛大臣:「調査結果あるいは検討結果全体への信頼性・信憑(しんぴょう)性を失墜させかねないものであって大変、申し訳なく思っております」 誤りがあったのは、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備に適しているとした調査です。他の候補地について、レーダーを遮蔽する山があるなどとして「不適」と判定していましたが、山を見上げた時の角度が9カ所で実際より大きく記載されていることが判明しました。岩屋大臣は地図データの縮尺が間違っていることに気付かないまま計算するという人為的ミスによるもので、故意ではないと説明しました。また、データを修正しても「インフラなどの観点から配備候補地にはなり得ない」という認識を示しました。今後、速やかに地元に説明する方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね