NEWS

タイから密輸入されかけた希少なサル=東京税関成田税関支署提供

タイから密輸入されかけた希少なサル=東京税関成田税関支署提供

タイから希少なサルなどを密輸入しようとしたとして、東京税関成田税関支署と千葉県警成田国際空港署は6月11日、40歳の男を関税法違反(無許可輸入未遂)容疑で5月22日に逮捕したと発表した。専門家の間でも知られていない種のサルが含まれていたという。千葉地検は11日、関税法違反の罪で起訴した。発表によると、容疑者は昨年9月10日、成田空港着の航空機でタイから帰国した際、3種類のサルとリクガメ、トカゲなど計7種類17匹の小動物をスーツケースに隠し、税関の許可を受けないまま日本に持ち込もうとした疑いがある。荷物検査で税関の職員が発見した。
 サル計6匹と4匹のリクガメは、絶滅の恐れがある動植物の取引を規制するワシントン条約で取引の際に輸出国の許可書が必要な「付属書Ⅱ」に該当している。このうちサル2匹は、専門機関の鑑定で東アフリカに分布する「ガラゴ科ショウガラゴ属」とわかったものの、種は特定できなかったという。税関は「日本ではこれまで認知されておらず、海外の一部でも確認できなかったと聞いている」としている。

YouTubeで表示する

チャンネル:朝日新聞社

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか