NEWS

【報ステ】金融庁報告書 麻生大臣「受け取らない」(19/06/11)

【報ステ】金融庁報告書 麻生大臣「受け取らない」(19/06/11)

『老後に2000万円不足する』とした金融庁の報告書について、麻生財務大臣は11日、「正式な報告書としては受け取らない」と異例の決定をした。その理由について「年金制度自体が崩壊するかのごときに思われるような表現になっていた。世間に著しい不安とか誤解を与えている。これまでの政府の政策スタンスとも異なっている」と述べた。岸田政調会長も「極めてずさんなものであり、まともな政策議論に供しうるものではない。これが公になること自体大きな問題」と述べ、金融庁に対し報告書の撤回を求めた。二階幹事長は「我々は選挙を控えている。自分たちが置かれている立場をもっと真剣に考えなくてはならない。厳重に注意する」と抗議した。そもそもこの報告書は、麻生大臣の諮問を受けて作られたもので、金融や財政などに詳しい大学教授やエコノミストなど20人以上の委員が参加し、12回に及ぶ会議を経て取りまとめられた。主に資産運用について担当したセゾン投信・中野晴啓社長は「一人一人に事情は多様だから一概に当てはまるといえない。ざっくりこれくらいは最低でも足りなくなると想定して、一日でも早く一人でも多くの生活者に気付いて行動してほしい。これが報告書の趣旨と理解してほしい」と述べた。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう