NEWS

「お金預かっておく」警察官が立場悪用し現金詐取か(19/06/17)

「お金預かっておく」警察官が立場悪用し現金詐取か(19/06/17)

京都府警の警察官が78歳の男性から1180万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕された。 男のかつての勤務地は交番。市民の安全や財産を守る立場だが、それとはまるで逆の行為に及んでいた・・・。詐欺の疑いで逮捕されたのは、京都府警の巡査長・高橋龍嗣容疑者(38)。78歳の男性から現金1180万円をだまし取ったとされる。その手口は、警察官の立場を悪用したもの。まずは去年11月、78歳の男性にこう持ち掛けたという。 高橋容疑者(被害者の説明から):「現金はこちらで預かります」 この直前、男性は金融機関で680万円もの現金を下ろそうとしていた。疑問を感じたスタッフは警察に通報。駆け付けたのが高橋容疑者だった。 高橋容疑者(男性に対し):「持ち歩いていたら危ない」 こうした説得をするなか、男性は「他にも自宅に資産がある」と話した。高橋容疑者は「だまし取られる恐れがある」などと言って男性と自宅に行き、現金500万円をだまし取ったとされる。 これだけではなかった。1週間後、高橋容疑者は同じ男性から680万円をだまし取ったとされる。その際、1回目とは違う形で警察官の立場を悪用していた。犯行の前日、金融機関に詐欺対策を限定的に解除するよう依頼したというのだ。合わせて1180万円の現金について高橋容疑者は「FXに使った」と供述。ただ、容疑は否認。 一方、男性は金を預けた理由について「銀行は自由に出し入れができない」「交番の人なら心配ない」と話しているという。警察は詳しい動機などについて調べている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい