NEWS

震度6強 土砂災害警戒情報の発表基準を引き下げ(19/06/19)

震度6強 土砂災害警戒情報の発表基準を引き下げ(19/06/19)

18日に新潟県で最大震度6強を観測した地震で、これまでに30人の重軽傷者が出ています。気象庁は今後も同じ程度の地震に注意を呼び掛けています。 夜遅くに山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震があり、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測しました。この地震で転倒したり階段から落ちたりするなど、これまでに新潟、山形、宮城、石川で合わせて30人が重軽傷を負いました。気象庁は今後も同じ程度の地震が起こる可能性があるとして、今後1週間程度は注意を呼び掛けています。また、気象庁は揺れの大きかった村上市と鶴岡市について、土砂災害警戒情報の発表基準を引き下げました。地盤が軟弱になっている可能性が高いためで、通常の基準に比べて7割から8割の雨で情報を出すということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう