NEWS

45分間の“党首戦” 最も関心高い質問は最後だった(19/06/19)

45分間の“党首戦” 最も関心高い質問は最後だった(19/06/19)

約1年ぶりに設定された直接対決の舞台だ。国会で党首討論が行われ、老後資金2000万円の問題などで激論が交わされた。 国会のクライマックスがやってきた。安倍総理大臣と野党のトップで1対1の真剣勝負。 立憲民主党・枝野代表:「今、健康だからこの年金で何とかやりくりしてるが、病気になったり、介護が必要な時の不安が大きい。これに向かい合う姿勢が求められていると思う。そもそも質量ともに医療や介護のサービスが不足している、この大きな要因は低賃金による人手不足の慢性化であります」 安倍総理大臣:「この(安倍政権の)6年間で380万人の方が新たに働き始めた。正社員においてもこの6年間で150万人増えました。経済が成長していくことによって44兆円(年金の)運用益が出ているわけで、民主党政権時代の約10倍運用益が出ているというわけでありまして・・・」 国民民主党・玉木代表:「総理は一部報道によると、金融庁の報告書、『金融庁大馬鹿もの』と激怒したということが報じられているが事実でしょうか?」 安倍総理大臣:「私はめったに激怒しない人間としてですね、自由民主党ではだいたいこう理解されているわけでありまして温和に円満に生きているつもりであります」 国民民主党・玉木代表:「報告書があるのでお渡ししますから読んで下さい。お忙しいと思うので、全部、付箋(ふせん)付けてきましたから、ぜひ、これ読んで頂きたいと思います」 安倍総理大臣:「私自身は読んでおりますから、わざわざ付箋をいれて頂きましたが、これはもう結構ですね」 共産党の志位委員長は年金の財源について新たな提案。 共産党・志位委員長:「高額所得者の年金給付の伸びを抑制する仕組みを入れる。マクロ経済スライドをやめ、減らない年金にする財源に充てる。これが私たちの提案であります」 安倍総理大臣:「今、志位委員長がおっしゃったご提案についてはちゃんと検証しなければ、その数字は明らかでないわけでありますし、マクロ経済スライドをやめてしまうという考え方はもう一度、申し上げますが、これは馬鹿げた案だと思います」 トリの日本維新の会・片山共同代表からは開口一番、ある意味みんなが一番、聞きたい質問。 日本維新の会・片山共同代表:「国会もまもなく終わりますね。解散をこの国会ではされるんですか?されないですか?」 安倍総理大臣:「大変、重要な質問でございますが、解散という言葉は私の頭の片隅にはございません」 終了後に改めて不信任決議案を出すか聞かれた枝野代表は・・・。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい