NEWS

“人工孵化ウナギ”に期待高まる 味はプロも太鼓判(19/06/21)

“人工孵化ウナギ”に期待高まる 味はプロも太鼓判(19/06/21)

人工的に孵化(ふか)させたが、ふっくらとしていて脂もしっかりのっているそうだ。 初めてかば焼きが焼けるサイズに成長させることに成功した。その途端に身を割かれ、焼かれ挙げ句に人に食われるという彼らの運命はふびんだが、ウナギ好きの日本人にとっては福音かもしれない。何しろこれまでは養殖といっても天然のシラスウナギを捕ってきてそれを育てるしか手がなかった。人工的な環境で卵をかえし、それを育てることができれば環境への負荷の低減や漁獲高の安定につながるかもしれない。 さて、そうはいっても私たちが気になるのは正直言ってかば焼きになってからだ。何か天然物との違いはあるのか。都内の専門店の主人ウナギのプロは・・・。 鰻・渋谷「松川」・三田俊介さん:「いや~おいしかったですね。(天然ものと)遜色ない。全然、大丈夫じゃないでしょうか」 課題は、卵からシラスウナギに至るまでの生存率で、現在はわずか1%から4%。天然のシラスウナギを捕ってくるのに比べてコストは10倍だという。今後はこの生存率を上げ、実用化、商品化につなげていきたいとしている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた