NEWS

“総理問責検討”の野党を批判「意味わからない」(19/06/19)

“総理問責検討”の野党を批判「意味わからない」(19/06/19)

野党側が内閣不信任決議案を出さずに安倍総理大臣の問責決議案を参議院に提出することを検討していることについて、自民党幹部が「意味がよく分からない」と牽制(けんせい)しました。 自民党・岡田参院幹事長代行:「なぜ内閣不信任案を出さないで総理問責決議案を参議院で出すのか、その意味がよく分かりません」 自民党の岡田参院幹事長代行は「安倍総理が問責を受けるいわれはない」としたうえで、「仮に提出されれば粛々と本会議で結論を出すことになるだろう」と述べました。野党側は参議院選挙を目前に控えて対決姿勢を明確に打ち出すため、安倍総理への問責決議案の提出を検討しています。一方、内閣不信任決議案の提出については、野党内でも意見が割れて調整が続いています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい