NEWS

【報ステ】国会“閉幕”少なかった論戦「争点」は・・・(19/06/25)

【報ステ】国会“閉幕”少なかった論戦「争点」は・・・(19/06/25)

立憲民主党など野党5党派は25日、内閣不信任決議案を衆議院に提出した。立憲民主党の枝野代表は、約1時間にわたり趣旨弁明を行い「安倍内閣が不信任に値する理由は枚挙にいとまがないが、はじめに指摘しなければならないのは、国民生活に直結する年金と消費税に関する無責任かつ不誠実極まりない姿勢だ」などと批判。これに対し、自民党の萩生田幹事長代行は「(野党)各党の思惑がバラバラ、ブレブレの末、会期末だからやっぱり出しておこうという程度のもので、政権交代の決意も日本をリードしていく覚悟もみじんも感じられない慣例行事、年中行事としか言えない」と反論した。内閣不信任決議案は与党などの反対多数で否決された。これで今国会は事実上、閉会となり、参院選へ全力を傾けることになる。野党が要求していた予算委員会の今国会での開催日数は衆参合わせて30日と、ここ10年間で最少にとどまった。参院選で最大の争点となる「年金」の問題では議論が深まらず、消費増税や外交問題など積み残しの課題も少なくない。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!