NEWS

台風3号あす接近・上陸の恐れ 西日本最遅梅雨入り(19/06/26)

台風3号あす接近・上陸の恐れ 西日本最遅梅雨入り(19/06/26)

気象庁は26日午前に九州北部と中国、それに四国と近畿が梅雨入りしたとみられると発表しました。 九州北部や近畿などの梅雨入りは平年より20日ほど遅く、統計史上最も遅い発表となりました。また、気象庁は朝、日本の南にある熱帯低気圧が24時間以内に台風に発達するという予想を発表しました。沖縄ではすでに雨が強まっていて、糸数で56.0ミリ、那覇で54.5ミリなど、非常に激しい雨を観測しています。大雨の影響で沖縄県内のゴルフ練習場では土砂崩れが発生したほか、各地で冠水の被害も出ています。現在、沖縄県内には土砂災害警戒情報が発表され、浦添市などには避難勧告が出されています。熱帯低気圧は27日未明までには台風に発達し、午後には西日本に接近・上陸の恐れがあります。朝までに予想される雨の量はいずれも多い所で九州南部で250ミリ、沖縄で180ミリなどとなっています。土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!