NEWS

小4女児虐待死 母親に有罪判決「夫に抵抗は困難」(19/06/26)

小4女児虐待死 母親に有罪判決「夫に抵抗は困難」(19/06/26)

千葉県野田市で今年1月に小学4年の栗原心愛さんが虐待されて死亡した事件で、父親(41)による虐待を手助けした罪に問われていた母親のなぎさ被告(32)に懲役2年6カ月、執行猶予5年の有罪判決が言い渡されました。 (社会部・尾崎圭朗記者報告) なぎさ被告は刑務官に連れられてゆっくりと法廷に入ってきました。判決文が読み上げられる間、終始うつむいて一点を見つめていました。千葉地裁は26日の判決で「母として監護する立場にあったにもかかわらず、暴行を制止しなかった」と指摘しました。そのうえで、「勇一郎被告の支配的立場に抵抗するのは困難だった」として懲役2年6カ月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。検察側の求刑は2年でした。判決言い渡し後、裁判長はなぎさ被告に対して「心愛ちゃんが頼るべきはあなたしかいませんでした。今回のことを振り返って反省の日々を送ってほしい」と語り掛けました。なぎさ被告は「はい」と時折うなずきながら聞いていました。一方、父親の勇一郎被告は傷害致死などの罪に問われていますが、21日に1回目の公判前整理手続きが行われたばかりで初公判の日程は決まっていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか