NEWS

名古屋2人刺殺事件 近所の男性により多くの刺し傷(19/06/26)

名古屋2人刺殺事件 近所の男性により多くの刺し傷(19/06/26)

名古屋市で男性2人が刃物で刺されて死亡し、男が逮捕された事件で、死亡した2人のうち男の近くに住む男性により多くの刺し傷があったことが分かりました。 殺人の疑いで26日朝に送検された名古屋市北区の無職・佐藤俊彦容疑者(38)は24日夜、小笠原智之さん(44)の胸をナイフで数回、刺すなどして殺害した疑いが持たれています。佐藤容疑者の自宅近くに住む赤松英司さん(41)も刃物で刺されて死亡しました。警察によりますと、司法解剖の結果、赤松さんの胸や腹などに小笠原さんよりも多くの深い刺し傷があることが新たに分かりました。赤松さんと佐藤容疑者との間には何らかのトラブルがあったとみられ、警察は佐藤容疑者が赤松さんに対してより強い殺意を抱き、執拗(しつよう)に襲ったとみて赤松さんの殺害容疑についても調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい