NEWS

【全国の天気】台風発生へ 西日本に接近・上陸か(19/06/26)

【全国の天気】台風発生へ 西日本に接近・上陸か(19/06/26)

沖縄ではすでに大雨となっていますが、あすにかけては台風が発生する可能性があり、大雨の範囲が広がりそうです。南海上には2つの熱帯低気圧があり、このうち南の低気圧が今後、台風になる予想です。その予想ですが、今夜遅くに沖縄や奄美には熱帯低気圧のまま近付きます。その後、あす朝には台風に変わり、日中は九州や四国に接近する恐れがあります。さらに、梅雨前線があす、日本海上まで北上し、その前線に向かって暖かく湿った空気の流れ込みも強まるため、各地で雨雲が発達しそうです。 まず、大雨に警戒が必要なのが沖縄と奄美方面です。今夜も非常に激しく降りそうです。さらに150ミリの雨量が予想されています。また、九州や四国の太平洋側もあす朝にかけて断続的に強い雨になり、さらにあす日中はより発達した雨雲が掛かります。激しい雨が何時間も降り続く恐れがあります。また、東日本から東北にも雨雲が広がり、局地的に激しく降ることがありそうです。予想雨量は特に四国で300ミリ、九州南部で250ミリと多く、災害発生の危険度が高まります。自治体からの警戒レベルの情報など、こまめに確認して下さい。では、各地の雨の警戒時間帯です。 沖縄はすでに土砂災害警戒情報が出ていて、今夜も気が抜けない状況です。九州・四国では太平洋側であすにかけて警戒時間帯が長く続きます。あす日中は沿岸部中心に風も強まりそうです。近畿や東海はあす昼ごろから北陸や東北はあす夕方以降、警戒が必要で関東も金曜日の朝に激しい雨になる恐れが出てきています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか