NEWS

40年前の殺人事件「裁判やり直し」最高裁が退ける(19/06/26)

40年前の殺人事件「裁判やり直し」最高裁が退ける(19/06/26)

最高裁判所が異例の決定だ。40年前の殺人事件、いわゆる「大崎事件」で裁判をやり直すよう地裁と高裁が決定していたが、26日に取り消した。 無実の罪を晴らしたい。その訴えは今回も届かなかった。午後、最高裁が再審、裁判のやり直し請求を退けたことが分かった。40年前、鹿児島県大崎町で当時42歳の義理の弟の首を絞めて殺害した罪などで懲役10年の刑が確定し、服役した原口アヤ子さん(92)。捜査段階から一貫して無実を主張。服役を終えた後も納得できないとしてこれまでに3回、裁判のやり直しを求めていた。おととし6月、鹿児島地裁が再審を認めたのに続き、去年3月には福岡高裁宮崎支部も再審を認めたが、検察側はこれを不服として特別抗告していた。弁護側は死因は首を絞められたものではなく、自転車に乗っていた被害者が溝に落ちて事故死した可能性が高いと主張。それが地裁、高裁では認められた形だったが、最高裁は無罪を言い渡すべき明らかな証拠はないとして25日付で再審を認めない決定をした。2度、脳梗塞を患って現在、入院しているという原口さん。長女は26日の一報を聞いて諦めずに戦いを続けていきたいと話しているという。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!