NEWS

【報ステ】最高裁が裁判やり直し認めず 大崎事件(19/06/26)

【報ステ】最高裁が裁判やり直し認めず 大崎事件(19/06/26)

40年前、鹿児島県で起きた“大崎事件”で、最高裁は26日、原口アヤ子さん(92)の再審、裁判のやり直しを認めない決定をした。原口さんは元夫らとともに、義理の弟をタオルで首を絞めて殺害したなどとして有罪となり、10年服役した。ただ、凶器とされたタオルが特定されていないなど客観的な証拠はほとんどなく、有罪の根拠となったのは元夫ら3人の自白だった。ただ、元夫らには知的障害があり、自白を誘導された可能性が指摘されている。原口さんは取り調べから一貫して無実を訴え、服役後、裁判のやり直しを求めてきた。これまでに出た再審開始の決定は3回。第3次再審請求では、地裁・高裁ともに再審開始を認め、夫らの自白について「信用性は高くない」と指摘した。最高裁は26日、その決定を取り消し、元夫らの自白について「知的能力や供述の変遷に問題があることを考慮しても信用性は相応に強固」と説明。事故死の可能性があるとした鑑定については「無罪を言い渡すべき明らかな証拠にはあたらない」とした。地裁と高裁が認めた再審開始の決定を最高裁が取り消したのは初めてとみられ、異例の決定となった。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか