NEWS

【報ステ】母親に執行猶予付の有罪判決 千葉虐待死(19/06/26)

【報ステ】母親に執行猶予付の有罪判決 千葉虐待死(19/06/26)

千葉県野田市で小学4年の栗原心愛さんが虐待を受けた末に亡くなった事件で、母親・なぎさ被告(32)に懲役2年6カ月、保護観察のもとでの執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。千葉地裁は、執行猶予が付いた理由として、なぎさ被告が虐待の解明に協力したことを挙げた。また、父親・勇一郎被告(41)の虐待を止めなかった背景に、勇一郎被告によるDVの影響があったと認め、なぎさ被告が双極性感情障害(躁うつ病)を患い、支配に屈しやすい一面もあったとした。裁判長が最後に「心愛ちゃんのことをあなたが考えなければふびんでならない。今後、社会のなかで心愛ちゃんにしたことを振り返って、反省の日々を送ってほしい」と語り掛けると、なぎさ被告は涙をぬぐいながら法廷を後にした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね