NEWS

あす朝、関東南部で強い雨風 交通機関に影響も(19/06/27)

あす朝、関東南部で強い雨風 交通機関に影響も(19/06/27)

今後の雨の状況についてお伝えします。 今はまだ、台風にはなっておらず熱帯低気圧という状況です。今後、それが台風になるかどうかも非常に微妙なところではあるのですが、熱帯低気圧が台風と呼び名が変わらなくても活発な雨雲を伴っていることには変わりないので警戒が必要です。 これまでに降った量を見てみると、特に四国で多くなっていて、200ミリを超えているような所もあります。徳島県内には土砂災害警戒情報が発表されている所もあります。崖などには引き続き近付かないようにお願いしたいと思います。 今後の雨の予想なんですが、活発な雨雲は大きく2つあります。熱帯低気圧に伴う南から来る雨雲と梅雨前線の雨雲も発達しています。この影響で東北でも大雨の恐れが出てきています。令和初の台風になるかもしれないという熱帯低気圧は今後、北東方向に進んでいくという予想になっています。梅雨前線はずっと停滞する感じになりそうです。 では、今後の雨の動きを見ていきますと、27日夜、帰宅時間帯にかけて特に激しく降りそうなのが四国東部、紀伊半島、東北の一部でも激しく降る所がありそうです。交通機関など影響が出るかもしれませんし、特に紀伊半島、三重、奈良、和歌山県内などでは非常に激しく降って土砂が崩れて道路などに流れ込んでくる恐れもあります。 そして夜中になりますと、今度は東海方面に激しい部分が移ってきます。静岡県では夜明け前がピークになり、関東でも早朝がピークになりそうです。28日午前5時でピンクや赤の部分が見られます。そして午前6時ごろに時間を進めると東京などにも一部掛かってきて強く降る可能性がありそうです。28日は鉄道なども早い時間、始発などから影響が出ることも考えられます。 この後、風も強まってきそうで、南風が瞬間で20メートル前後と予想されていますので特に海沿いは風の影響もあるということを覚えておきたいと思います。この雨、特に警戒が必要なのは関東では午前7時ごろまでの時間が一番注意が必要になりそうです。通勤のピークの午前8時以降になりますと、抜けていく傾向になりますので28日朝は早い時間帯ほど影響があるということになりそうです。27日夜から28日は午前中から雨が降り続くというような恐れがあり、予想雨量でも、東北でも100ミリを超える形になっているんですね。なので、災害級の雨となりますので川の近くに住んでいる人は2階で休むなど対策をして頂きたいと思います。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか