NEWS

日産とホンダ それぞれ約50万台のリコールを発表(19/06/28)

日産とホンダ それぞれ約50万台のリコールを発表(19/06/28)

大手自動車メーカーの日産自動車とホンダがそれぞれ50万台近いリコールを発表しました。 日産は、2008年11月から2018年9月に生産された「キューブ」や「セレナ」など、7車種49万台余りのリコールを発表しました。電源分配器の基板に不具合があり、これまでに4件の火災が報告されているということです。一方、ホンダは2000年8月から2015年3月までに生産された「フィット」や「ストリーム」など31車種51万台弱のリコールを届け出ました。タカタ製のエアバッグを搭載していたことに関連するリコールで、これまでに不具合の報告はないということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね