NEWS

米朝首脳会談どうなる? 非武装地帯付近で準備進む(19/06/30)

米朝首脳会談どうなる? 非武装地帯付近で準備進む(19/06/30)

アメリカと北朝鮮の首脳会談が実現するかもしれないトランプ大統領が訪れる予定のDMZ(非武装地帯)の付近では、準備が慌ただしく進められています。 (良永晋也記者報告) 韓国と北朝鮮の非武装地帯近くにある展望台に来ています。統一大橋の先には板門店(パンムンジョム)があり、周辺では時間を追うごとに慌ただしさが増してきています。橋の検問所では30日午前中からアメリカの外交関係者や警備の車が何台も行き交っていて、大行列がやって来ることもありました。トランプ大統領の訪問に向けた準備が着々と進んでいるとみられ、さらには電撃会談の可能性もあります。トランプ大統領の到着は共同記者会見の後になるとみられます。展望台は日曜日ということもあってたくさんの観光客が訪れていますが、皆さんに話を聞いてみると、南北分断の象徴である板門店での会談をぜひ実現させてほしいと口々に言っていて、期待の高さがうかがえます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい