NEWS

熊本の大雨は「線状降水帯」が発生 気象庁(19/06/30)

熊本の大雨は「線状降水帯」が発生 気象庁(19/06/30)

気象庁は30日に熊本県などに降った非常に激しい雨について、「線状降水帯」が発生したとの見方を示しました。 梅雨前線の停滞で30日に熊本県などで降った非常に激しい雨について気象庁は、積乱雲が次々に発生して大雨をもたらす線状降水帯が発生したとの見方を示しました。気象庁によりますと、梅雨前線は来月1日も九州北部から太平洋にかけて停滞するため、1日午後6時までの24時間で熊本県内などで最大250ミリの雨が降る可能性があります。場合によっては線状降水帯が発生し、1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る可能性もあるということです。中小の河川が氾濫したり土砂災害が発生したりする可能性があるため、気象庁はホームページにある土砂災害危険度分布などを活用し、早めの避難をするよう注意を呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね