NEWS

【報ステ】続く不安と警戒・・・九州大雨で各地に爪痕(19/07/04)

【報ステ】続く不安と警戒・・・九州大雨で各地に爪痕(19/07/04)

九州地方を中心とした記録的な大雨は、各地に大きな爪痕を残した。鹿児島県内では、わかっているだけで34カ所で土砂崩れが発生。曽於市では、裏山が崩れて住宅に土砂が流れ込み、この家で暮らしていた山下マチエさん(85)が遺体で発見された。宮崎県都城市では土砂が道をふさぎ、一時、6世帯13人が住む集落が孤立した。日南市では、一人暮らしの女性(68)の行方がわからなくなっている。自宅近くの川は増水していて、女性が流された可能性もあるとみて、警察と消防は5日も捜索を続けるという。九州南部の土壌には今も多くの水分が含まれているため、気象庁は「土砂災害の危険性が非常に高い状態で続いている」として警戒を呼び掛けている。梅雨前線は、今後も日本付近に停滞する見込みで、梅雨末期の大雨に注意が必要となる。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな