NEWS

九州北部豪雨2年 福岡・朝倉市で犠牲者悼み式典(19/07/05)

九州北部豪雨2年 福岡・朝倉市で犠牲者悼み式典(19/07/05)

福岡県と大分県で関連死を含めて40人の死者を出した九州北部豪雨から5日で2年です。今も2人が行方不明のままとなっています。 33人が犠牲となった福岡県朝倉市では午前10時から追悼式が行われました。市民や遺族ら約300人が参列し、黙祷(もくとう)を捧げました。 被災地代表・伊藤睦人さん(74):「私のことは心配しなくて良いよ。あなたたちの方が早く避難しなさいと声掛けして頂いたのを最後に別れ別れになった方の思いを察する時、彼らの分まで力強く生きていかなければなりません」 福岡県内では今も700人以上が仮設住宅や自治体が賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設」での避難生活を余儀なくされています。しかし、仮設住宅の入居期限は原則2年で順次、期限切れを迎えることから、一部の被災者が福岡県などに延長を求めています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう