NEWS

囲碁の仲邑菫初段がプロ初勝利 最年少勝利に笑顔(19/07/08)

囲碁の仲邑菫初段がプロ初勝利 最年少勝利に笑顔(19/07/08)

史上最年少の10歳でプロ棋士になった囲碁の仲邑菫初段が57歳差の対局を制し、念願の公式戦プロ初勝利を挙げた。  軽い足取りで会場入りした小学生の仲邑菫初段。盤上に目線を注ぎ、落ち着いた様子を見せる。数カ月前より、やや大人びた表情になっただろうか。プロ初勝利が掛かる公式戦2戦目。対局は相手の黒が先手でスタート。それから十数秒後、仲邑初段が離れた位置に白の碁石を置いた。 4月に史上最年少10歳0カ月で囲碁のプロ棋士となった仲邑菫さん。8日のプロ公式戦2戦目。相手は年の差57。67歳の田中智恵子四段。早打ちで知られた故・久井敬史九段の門下生だ。そして、対局は仲邑初段が10歳4カ月で公式戦初勝利を飾り、日本囲碁界にプロ最年少勝利の新記録が生まれた。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか