NEWS

【報ステ】文大統領「撤回求める」輸出規制で初言及(19/07/08)

【報ステ】文大統領「撤回求める」輸出規制で初言及(19/07/08)

日本政府による半導体材料の輸出規制強化から5日目の8日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が初めて言及し、撤回を求めた。文大統領は「政治目的」だとして「韓国企業に実害が出た場合は必要な対応を取らざるを得ない」とも述べた。当初、輸出規制は、“徴用工問題”への事実上の対抗措置といわれていたが、安倍総理は7日、規制の理由を韓国に“不適切な事案”があったからだとした。韓国メディアは「安倍総理は、韓国が北朝鮮への制裁を守らず、禁止された品を流していると根拠のない話を輸出規制の理由にしている」と報じた。西村官房副長官は8日「今回の決定の背景に、不適切な事案があったことは事実。ただ、その具体的な内容についてはコメントすることは差し控えたい」とした。韓国の尹相現(ユン・サンヒョン)外交統一委員長と長嶺駐韓大使が会談。今回の措置は「政治的な理由だ」とした尹委員長に対し、長嶺大使は「日韓両政府の信頼が損なわれたことが理由だ」と話し、平行線に終わった。経済には影響が出始めていて、韓国市場は株価が下落。時価総額で51兆ウォン(日本円で約4.7兆円)減少しているという。こうしたなか、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が7日に来日。取引先の企業などと対応策を協議するためとみられている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね