NEWS

米副大統領「イランは米の抑制を勘違いするな」(19/07/09)

米副大統領「イランは米の抑制を勘違いするな」(19/07/09)

イランが核合意で定められたウランの濃縮度を超えたことを受け、アメリカのペンス副大統領は「アメリカが弱腰だと勘違いしてはいけない」と軍事的対応も排除しない姿勢を示し、牽制(けんせい)しました。 アメリカ、ペンス副大統領:「イランはアメリカが抑制していることを弱腰だと勘違いしてはいけない。アメリカ、そして、我が軍は地域での国益や国民を守る準備はできている」 ペンス副大統領は「イランが核兵器を所持することを決して許さない」と強調し、経済的な圧力を続ける姿勢を示しました。イランに対してはトランプ大統領も「イランは気を付けた方が良い」と警告していますが、アメリカのワシントン・ポストは「トランプ大統領による最大限の圧力政策には一貫した目標がない」と指摘しています。さらに、緊張を緩和するためには、トランプ大統領がイランに強硬な姿勢を取るボルトン補佐官らから距離を置くべきとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか